おやじの趣味の世界
おやじが趣味に生きる。何が悪い?

最近はまっているのがインテリア

自分達の手でリフォームをしている俺達夫婦。

妻と俺自身、40代に突入したと同時にインテリア熱に力が入っている気がする。

最近やたらとインテリアにはまっています

娘と息子はそれぞれの個性も出てきて、これまでのように妻が
勝手に模様替えするなんて事があまりなくなってきた。

自分達で過ごしやすいように、勝手に部屋の模様替えをしたり、好きなインテリアグッズを購入したりしている。

妻はインテリアにこだわりがあるみたいで、今流行のモノトーンの部屋を目指している。

今まではとりあえず好きな物だけを集め、そして家具を置いたりと
アンバランスなリビングだった。

ネットでモノトーンのインテリアのお宅を見てから、憧れが強くなったらしく
良く白黒の雑貨を集めている。

俺もどちらかと言えば、カラーの豊富なグッズよりも、白黒などのモノトーン雑貨が好きだ。

仕事から帰ってきて落ち着く部屋を目指すため、休日は日曜大工などで
部屋のリフォームをしている。

日曜大工っていうのも結構楽しいのだ

やっぱり年齢のせいなのか、落ち着いた空間が好きになりつつあるんだよな。

寝室もこれまでは別に何も思わなかったけど、ホテルのようなすっきりとした
空間を作るため、要らない物を処分したりした。

おかげで何も物がないんじゃないかって程、キレイさっぱりの寝室。

クローゼットの中まで誰も見る人も居ないから、とりあえず部屋に置いてあった物を詰め込んだ。

リビングは子供が何かのコンクールで受賞した賞状やメダルなどで飾られている。

それから俺が撮った写真とか、壁の写真とか見ると歴史を感じる。

でもモノトーンの部屋を目指すなら、これらの歴史もどうにかしないといけない。

子供達もすっかり大きくなり、さすがに小学校1年の頃の賞状とかは
隠してもいいかなって思っている。

そもそも賞状とかそういうのって、他の家庭ではどうしてるんだろうか?

ずっと家宝として飾っている?

それとも子供部屋に飾っているか処分してしまうか。

その辺の区切りってちょっとわからず、我が家は何年も前からの栄光を飾っている。

まずは友達なども訪れる部屋、リビングからの改装。

妻と二人で色んなサイトをチェックして、どんな部屋に仕上げていくか相談。

これがまた面白いんだよな。

インテリアってどちらかと言うと妻が興味を持ち、夫の許可も得ずに
勝手に模様替えをするのが一般的。

だけど俺の家はインテリアについては夫婦二人で相談して決める。

ちょっと前までならインテリアなんてどうでもいいよ〜
って感じだったんだけど、最近妙に凝り始めている。

一度ハマると面白いもので、ただDIYするだけじゃなくて
色々考える部分から取り組むほうが達成感がある。

買い物ついでにたまにショッピングモールなどに足を運ぶ事がある。

ショッピングモールって、なんか好きなんですよね。

まずは子供達が欲しい洋服など見たり、本屋を見たりと家族みんなで回る。

それから妻が行きたがっていた雑貨屋を巡るのだが、長女と妻と俺のセットで必ず入る。

息子はあまりそういうお店に興味がなく、ちょっと恥ずかしいという事で本屋で待っている。

周囲を見渡せば女性率が高く、ひげ面のおっさんなんて一人も居ない(笑)

さすがに「きゃ〜、これ可愛いね。」なんて言葉は言えないが、
手には取らず妻と長女の後をついて行って、「いいな、これ。」など心の中で感想を言ったりする。

よく無印良品などに行く事が多いのだが、この店は男性率も高く商品を手にとって見やすいお店だ。

だから無印で買い物をする際は、いつも店内では別行動。

しかも長男も無印なら見るものがあるのか、一緒に店内を回っている。

モノトーンインテリアに興味がある俺にとって、このお店はマッチしているみたいだ。

あれこれカゴに入れると、合計額が凄いことに毎回なる。

だから本当に必要なのかをしっかり確認し、部屋の想像などをしてから購入する事にしている。

もっと雑貨屋で男性が、いや、おやじが入りやすいお店が増えればいいのになって
ここ最近思うのは俺だけか?

俺が知らないだけで、実際は色んな雑貨屋ってあるんじゃないかって思う。

今度は違うショッピングセンターなどに出かけてみようかな。


Copyright c 2014- おやじの趣味の世界. All Rights Reserved.