おやじの趣味の世界
おやじが趣味に生きる。何が悪い?

健康にも気をつけなければいけない

芸能人の結婚生活がうまくいっている夫婦の番組を見た。

そこで昔、子役として大活躍だった野村ゆうかが出ていた。

久しぶりに見たチャイドルは、三十路を迎える大人になっていた。

しかも結婚もしていたなんて、なんだか小さい頃の面影しかないから不思議な気分だ。

色んなドラマに引っ張りだこだった彼女、今は旦那の健康を考えて
食生活はマクロビオティックなんだそうだ。

実は妻も最近、マクロビオティックに興味があり、色んな雑誌を集めて勉強している最中。

マクロビオティックを広めて半世紀|正食協会公式ウェブサイト
京都に行ってきました

肉、魚、乳製品を基本的に自宅では食べず、代わりに麩で肉の代用にしているんだとか。

殆ど野菜、しかも普通なら捨てる野菜の皮も剥かずにそのまま調理する。

たしかに皮にはもの凄い栄養があると聞いた事がある。

外食店を見てみても、肉を中心としたお店が人気だ。

俺もハンバーガーやハンバーグが大好きで、お昼は良く外食しに行っている。

40代になり健康診断でもちょっと経過が必要などと書かれ、
自分自身の体が気になっていた。

肉ばかり食べているとドロドロの血液で、悪循環になるんだとか。

目に見えない部分だからこそ、怖いって事がある。

そんな俺の健康を考え、マクロビオティックを取り入れようとしている妻。

俺はそんな野菜中心の食事なんて、実際の所はごめんだ!

職場の上司は心筋梗塞を患い、一時仕事を休職していた時期があった。

なんとか回復して昼休みは外食ばかりだったのに、
職場復帰後は奥さんのお弁当を毎日食べている。

健康を気遣って弁当の中身は野菜中心。

そして味付けも優しいらしく、たまに物足りなさを感じると愚痴っていた。

だけどそのお弁当を食べ続け、自宅でも野菜中心の食生活にしたことで、
朝起きたときの目覚めの良さとか、検診で引っかかるなんて事がなくなったそうだ。

やっぱり食生活って健康にとって大切なんだと思う。

よくテレビでは食生活改善で健康へ!なんて言うが、実際に身近の人が
実践している経過を見るとタメになる。

妻はまだ食生活を変えることはしていないが、もう少し勉強して少しずつ取り入れていくそうだ。

30代後半から気になりだしたメタボ、これを機に治るのかな?

一度、体内に脂肪が付いてしまうと落とすのが大変だと言われた。

20代の頃のようなスッキリ体型に戻れたら、健康の為に食生活を変えてよかったと思えるだろうな。


Copyright c 2014- おやじの趣味の世界. All Rights Reserved.