おやじの趣味の世界
おやじが趣味に生きる。何が悪い?

車にはまるとお金がかかる・・・

友達で車が趣味のヤツが居るんだが、給料の殆どを愛車に費やしているそうだ。

車を趣味にするとお金がかかると聞いた事があるが、友達の話を聞く限り、
本当にお金が掛かるみたいだね。

例えばハンドル部分を純正から自分が気に入った物にチェンジするだけで○○万円。

ブレーキのペダル部分をかっこよくするだけで○○万円。

万単位でお金がかかるのはバイクも一緒だが、車はカスタムする部分が多く、
凝れば凝るほどお金が飛んでいく。

車のカスタマイズにはお金がかかる・・・

そんな車を趣味とする友達の車内、俺がいつも乗っている愛車に比べると全然違う。

乗り心地ももちろんシートが違うから気持ちよく、内装がカッコいいからかドライブ中の雰囲気も全く違う。

俺も車に少しは興味があるけど、シートをまるごと交換したり、
ハンドルを丸ごと交換したりまではしていない。

ハンドルは外付けのカバーを付け、シートはシートカバーをつけるだけの誰でも出来るカスタム。

それでもシートカバーやハンドルカバー、ちょっとしたカスタムでも数千円取られる。

これでもお金が勿体無いって思っているのに、
友達はそんなのお構いなしにお金を掛けるから凄い!

これまでどれだけのお金を掛けてきたのかわからないが、
ボーナスは毎回全て車費に投入しているらしい。

当然の事、結婚しておらず独身を貫いている。

多分オレが車を趣味として、友達のように給料の8割位を車に費やしていると、
妻から愛想着かされて捨てられるのは間違いない。

バイクとカメラ、最近はインテリアなど多趣味なオレ、今でも捨てられないだけ感謝している(笑)

だけど車大好きな友達がオレに言う。

「バイクって実用性が無い趣味だよな」と・・・。

バイクはいいけど、実用性がね・・・

たしかに会社に通勤する時は車で、家族で何処かへ出かける際も車。

バイクは自分が楽しむだけの趣味であって、車検などの維持費もそれなりに掛かる。

バイクもお金を掛けると車並みにお金は飛んでいく。

俺はただ走るのが好きで、最低限のメンテナンスをしているだけ。

だから給料の半分以上をバイクに費やすのではなくて、
小遣い内でメンテナンス費や維持費をまかなっている。

給料が減らされたら、たぶん愛車を手放すだろうな。

冬は寒いから乗らず車庫の中で眠っている。

そういうのを全て含めて友達は「実用性のない趣味」と言う。

オレにとっては友達の車を愛しすぎる部分もどうなのかと思うが・・・。


Copyright c 2014- おやじの趣味の世界. All Rights Reserved.