おやじの趣味の世界
おやじが趣味に生きる。何が悪い?

盆栽などには全く興味なし!

歌舞伎が大好きな俺のオヤジは、70歳を機に盆栽に興味を持ち出した。

植物なんて全く興味がなかったのに、突然目覚めたのは何なのかが気になる。

高齢といえば思いつくのが趣味が盆栽。

おじいちゃん=盆栽というイメージ

ドラマの影響からか、朝早くから園芸用ハサミを持って、
庭の盆栽の手入れをしているイメージがある。

40代の俺、カメラにインテリア、バイクにと色んな趣味で休日を楽しんでいる。

他にも趣味を作って、もっと休日を楽しみたいって思うけど、盆栽だけは多分、
いや絶対に趣味とはしないだろう。

妻はガーデニングに興味があり、ベランダなどには名前も知らない色取り取りの花が植えられている。

もちろん部屋の中にも、緑がいっぱいだ。

家の中の植物達は基本、多肉植物と言う花をあまり咲かせない物を置いている。

妻曰く、植物を室内に一つ置くだけで、部屋の空気を浄化してくれるんだとか。

植物はたしかに生きているけど、そんな効果があるのなんてしらなかった。

ただインテリアとしても緑の植物はカッコいいと思う。

ちょっと前まではあまり興味が無かったが、ワイヤープランツ?はインテリアにもなる。

ワイヤープランツはこんな感じ

玄関にはサボテンとかも飾ってあるのだが、サボテンって誰でも育てやすい植物だと思う。

盆栽は小さな松など、和風な植物ばかり。

サボテンは洋風の植物で、盆栽のように気長に育てる事ができるんじゃないかって思った。

年齢を感じてしまう盆栽、俺はサボテンで老後を楽しもうかな(笑)

ただ毎日ハサミを持って、サボテンの何処を切ればいいのか・・・。

棘を切ったとしても、きっと生えてくるスピードが遅い。

そもそも棘があるからこそサボテンなのに、切ってしまったら意味がない。

やっぱり俺は趣味として、盆栽は無縁なんだろうなと思う。

黙って今の色んな趣味を楽しみつつ、今後面白そうと感じた物をやってみようと思う。

定年退職したからといって、無理に盆栽に興味を示さなくても、
定年後のマニュアルなんてないんだから問題ない!

ま、人の心は変わるから、今後もしかしたら盆栽を趣味としているかもしれないな。


Copyright c 2014- おやじの趣味の世界. All Rights Reserved.